<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
田宮さんは、とてもいい刷毛目を描かれます。
勢いがあるけれど、力み過ぎていない、優しい刷毛目です。
力の抜きどころを知っている、大人の女性の仕事だと思います。
b0142663_18431754.jpg
【田宮亜紀 炭化刷毛目片口 ¥4200 径11.5cm×高さ7cm】
焼締めの酒器は、お酒をおいしくするといいます。
科学的な根拠は私にはよくわかりませんが、
こんな片口で呑めば、気分が盛り上がることは間違いありませんね。



3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-28 19:14
田宮亜紀さんの器が入荷しました。

田宮さんは静岡市で、焼締めの器を作られています。
焼締めといえば、武骨な土の手触りや荒々しい炎の跡など、男性的な力強さが魅力ですが、
それに加えて田宮さんの器には独特の柔らかさも感じます。
柔らかさと言ってもそれは羽毛ような軽やかなものではなく、
真綿をぱんぱんに詰め込んだ布団のように、どっしりと力強い、芯のある柔らかさなのですが。


さてこちらの器、私はてっきり小鉢だと思ったのですけど、田宮さんは笑いながら「飯碗です」と。
「天茶用」として買われた天ぷら屋さんもあったらしく、それを聞くとなるほどと思うのですが、
当店では田宮さんにお願いし、名前を「小鉢」と変えて紹介させていただくことにしました。
と言いますのも、この器にはほうれん草のおひたしのような、野菜の料理が抜群に似合うと思ったからです。
もともと土の中で育ったものだからでしょうか、野菜が一番生き生きと美味しそうに見えるのは、
やはりこのような土味の効いた焼締めの器だったりするのです。

しかし当然のことながら、名前によって用途が限定されるわけではありません。
抹茶碗として使ってもいいでしょうし、スープにも合いそうです。もちろん白米、お茶漬けも。
田宮さんは毎日この器でご飯を食べているそうですよ。
b0142663_12152218.jpg
【田宮亜紀 炭化窯変小鉢 ¥4200 径14cm×高さ6cm】
焼締めの器を水に浸すと、まるで生気が宿ったかのように表情が変わります。(写真は1分ほど浸した状態)
「水も滴るいい男ぶり」とでもいいましょうか、一段と格好よく見えます。
またこうすることで、シミや匂い移りを防ぐことができます。
田宮さんの器はシミがつきにくいように工夫されていますが、油ものなどを盛る場合には、
さっと水にくぐらせるだけでも結構ですので、一度濡らしてからお使いいただくことをお勧めします。

と、言っておきながら、私自身はあまりそういうことに気を使いません。
昨日ご紹介した粉引もそうですが、シミも気になるのは最初のうちだけで、そのうち景色の一部となってしまうからです。
特に焼締めのような原始的な器は、道具として酷使するほうがむしろ似合っているように思います。
使い終わったら亀の子たわしでガシガシ洗って汚れを落とし、しっかり乾燥させて下さい。
次第に肌がなめらかになり、しっとりと手に馴染む、いい器に育ちます。



2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-27 17:24
オープン以来、毎日のように店で使っている、十河さんの粉引きの湯呑。
段々と肌がなめらかになり、いい感じに変化してきました。
b0142663_1738133.jpg

粉引だからといって、特別に丁寧に扱った試しは一度もありません。
さすがに内側は茶渋によって色が染まっていますが、それもまた味わい深くて、気に入っています。
新品があるのに、「こっちの方がいい」と言って、買われた方もありました。

比較的高温で焼いているので、十分に焼き締まっているようです。
雑に扱った割に今までカケの一つもなく、その丈夫さには私も驚いています。
現在在庫はございませんが、来月にたくさん入荷する予定です。どうぞお楽しみに。



2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-26 17:38
覚えておいでの方もいらっしゃるかもしれませんが、
千鳥オープンのDM写真は、余宮隆さんの緑釉土瓶でした。
青味がかった本当に綺麗な緑釉で、正直申しまして今でも売ったことを悔いております。
と言いますのも、余宮さんはもう緑釉を作らないそうでして・・・
b0142663_1883364.jpg

こちらは、昨夜オンラインショップでご注文をいただいた五寸皿。
当店に残っていた余宮さんの緑釉は、これで全てなくなりました。
なんだか名残惜しく、お求めいただいた品ではありますが、梱包前に記念写真を撮らせていただきました。
(もちろん、きれいにしてからお送りしますのご安心を)

と、柄にもなくセンチメンタルな気分ではありますが、食欲は通常通りございます。
お客様にいただいた「鈴懸」のお菓子も、おいしくいただきました。ご馳走様でした。


ちなみに土瓶を買われたのは私の料理教室の生徒さんでして、
飽いた頃を見計らって買い戻そうと狙っているのですが、いまだその兆しは見えず。。。



2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-25 19:25

オンラインショップを更新しました。
どうぞお買い物をお楽しみください。

次回の更新は来月になります。
3月は、川口江里さん、十河隆史さん、原田七重さんなどの作品が入荷予定です。
どうぞお楽しみに。




2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-24 22:11
こちらの木賊(とくさ)文皿は、料理屋さんからご注文をいただきました。
いったいどんな素晴らしい料理が盛られるのか、想像するのも楽しいです。
b0142663_2349578.jpg

【宮岡麻衣子 木賊文皿 ¥6300 径20cm×高さ2.5cm】
家庭料理だったら、鯵の開きなんかはどうでしょう。
きっと朝ごはんにも似合いそうです。

※オンラインショップは、明日24日(火)22:00頃更新の予定です。
※24日(火)はおやすみです。

2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-23 23:54
器にのっているのは、「オーボンヴュータン」のチョコレート。
バレンタインに、お客様にいただきました。

オーボンヴュータンは、私が一番好きなケーキ屋さんです。
味もさることながら、クラシックで重厚な店内の雰囲気も素敵です。
千鳥の物件を探すときも、「オーボンヴュータンのある尾山台で」と考えたほど。
しかし適当な物件が見つからず、しょげた思いでケーキだけ買って帰ってきたのは、
ほろ苦い思い出というべきか、甘い思い出というべきか・・・
b0142663_2004060.jpg

【志村睦彦 三島菊文小皿 ¥3150 径12cm×高さ4cm】
志村さんとオーボンヴュータン、どちらも「クラシック」という点では共通しています。
こうして見ると、三島とチョコもなかなかお似合いです。

※こちらの商品は、24日(火)更新のオンラインショップでもお求めいただけます。



2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)

3月のおやすみ
6日(金) 7日(土) 14日(土) 18日(水) 24日(火) 28日(土)
by chidori-blog | 2009-02-22 21:03
今朝、東京ドームで開催中の「世界らん展」を観てきました。

らん展は初めてでしたが、素人目にも「これはすごい!」と思うものがやはり上位に入賞していて、
蘭の美しさには、説明の要らない分かりやすさがあるように思いました。
中でも大賞を受賞した蘭の、威風あたりを払うような堂々たる姿は、感動すら覚えるほど。

22日(日)までやっているそうなので、ご興味のある方は是非。
私は店に飾るために、小さな蘭を一鉢買ってきました。
相場を知りませんが、1000円位から色々ありましたから、きっとお安くなっているのではないでしょうか。
b0142663_19285613.jpg

【志村睦彦 灰釉六角猪口 ¥3150 径6cm×高さ5.5cm】
私はゴージャスな洋蘭にばかりつい目が行ってしまいましたが、
小さくて地味な日本の野生蘭にも、熱心なファンがたくさんいるようでした。こちらも意外と奥深いのかもしれません。
志村さんのこの猪口も、派手さはないものの、いつまでも飽きない深い味わいがあります。

※こちらの商品は、24日(火)更新のオンラインショップでもお求めいただけます。
※明日20日(金)、明後日21日(土)は連休をいただきます。


2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)
by chidori-blog | 2009-02-19 21:08
=お知らせとお詫び=
オンラインショップの次回更新を2/22とお伝えしておりましたが、
この日の夜、サーバーの臨時メンテナンスが実施されることとなりました。
この間、ホームぺージ閲覧、メール送受信もできなくなる模様です。
つきましては、次回更新日を2/24(火)に変更させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。


話は変わりまして。
昨日17日より、日本橋三越催事場にて「飛騨高山クラフト展」がはじまりました。(22日まで)
ガラス作家の安土草多さんも出展しています。今回はとうとうアイテムが100種類を超えたとか。
本人も会場におりますので、日本橋三越にお出かけの際は、ぜひ本館7階まで足をお運びください。
ちなみに新館地下2階「広味房」の、酸辣刀削麺はなかなかの美味でありますよ。

b0142663_12431122.jpg

【宮岡麻衣子 麦藁手八寸皿 ¥8820】
パスタ、カレー、ハンバーグ、とんかつ、野菜炒め、鯵の開き、、、和でも洋でも中華でも。
これぞオールマイティーな一枚。おすすめです。
2/24更新のオンラインショップでもご紹介する予定ですが、残りわずかとなっております。
次回入荷は、4月頃の予定です。

※こちらの商品を2枚以上ご希望の場合、ご予約をお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。



2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)
by chidori-blog | 2009-02-18 17:27
ここ最近、BGMについて尋ねられることが多いのですが、
このジャケットを差し出すと、皆さん「ほほー」という反応を示されます。
b0142663_14482780.jpg
まあなんと言いますか、天は思いっきり二物を与えちゃってるわけですけれども。

村治佳織さんについての説明は今更なので省きますが、このCDはオールバッハ。
「G線上のアリア」や、「主よ、人の望みの喜びよ」など、おなじみの曲も収録されています。
そしてボーナストラックは「メヌエット」。ギターで聞くと、あらためて何と愛らしい曲かと思います。
ジャケ買いしても損はない、おすすめの一枚です。


さて、オオタガラススタジオさんの器が入荷しました。
b0142663_12243019.jpg
【オオタガラススタジオ シリアルボウル ¥3360 径11.5cm×高さ8cm】
以前にご紹介したシリアルボウルの、クリアタイプ。
シリアルのほかにも、サラダとか、夏場だったらかき氷にもいいかもしれません。

※次回のオンラインショップ更新は、2/22(日)の予定です。


2月のおやすみ
3日(火) 4日(水) 13日(金) 20日(金) 21日(土) 24日(火)
by chidori-blog | 2009-02-17 17:22