<   2010年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
劇団四季のミュージカル「アイーダ」を観てきました。

古代エジプトを舞台にしたラブストーリーで、
美女と野獣、ライオンキングに次ぐ、ディズニーミュージカル第三弾です。
2003年に大阪公演からスタートしたそうですが、ようやく去年から東京でも観られるようになりました。
賑やかだった前二作とは違い、舞台装置も衣裳もシンプルな、大人のミュージカルでした。

この日のアイーダ役は樋口麻美さんでした。
四季独特の、聞き取りやすく、でも野暮ったい歌唱法については賛否両論あると思いますが、
樋口さんは声も良く、声量もたっぷりで、本当に上手い人だと思います。
出来たら濱田めぐみさんのアイーダも観てみたいのですが、
劇団四季は当日までキャストが分からないので、チケットを買うのもちょっとした賭けです。

この複数キャストのシステムが劇団四季を大きくし、日本に演劇ファンを増やしたのだろうと思いますが、
客も目が肥えるほどに、上手い役者、好きな役者で観たいという欲が出てくるのではないでしょうか。
日本の伝統と真逆ともいえる、客に「贔屓の役者」を作らせない劇団四季の手法が、
今後も受け入れられ続けるのか、とても興味深いです。

b0142663_12294827.jpg
【八木橋昇 黒釉楕円台皿 ¥8400 タテ25cm×ヨコ28cm×高さ3cm】

楕円形をした台皿です。中央がかすかにくぼんでいるので、汁気のあるものでも大丈夫です。
オードブルを盛り合わせると、ピシッときまりそうです。人を招いたときに使いたくなる器です。



2月の店休日
5日(金) 12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-01-31 18:29
本日より、「テーブルウェア・フェスティバル 2010」が東京ドームではじまりました。
私も午前中、観に行ってきました。

当店で扱っているような、いわゆる「作家もの」はほとんどないのですが、
大手メーカーから小さな窯元のものまで、あらゆる器を一度に見ることができます。
私にとっては、いろいろな勉強をさせてもらえる貴重な機会です。
二時間ではとても回り切れなかったので、会期中にもう一度足を運ぼうと思っています。

さて、東京ドームといえば、最初に訪れたのは1992年12月30日、マイケルジャクソンのコンサートでした。
当時は大阪に住んでいたのですが、どうしてもマイケルを観たくて、一人で出てきました。
ムーンウォークってですね、生で見るとものすごいスピードなんですよ。

このときのツアーは、エンディングでマイケルがロケットマンになって上空に消え去るというので話題になりました。
屋根のある東京ドームではもちろんそれは無理ですけど、マイケルのことだから、
きっとビックリするような演出を考えているに違いないとファンは期待していたのですが・・・

最後、マイケルはバイバーイと手を振りながら、歩いてステージそでに消えて行ってしまいました。
あまりにも普通すぎる幕切れに、数万人がガクッとなった瞬間でした。。。

b0142663_13485796.jpg
【馬渡新平 刷毛目飯碗 ¥2625 径12cm×高さ6.5cm】

今回の飯椀、特に渋めに焼けてます。白いご飯が映えそうです。
やや大ぶりなので、男性にもおすすめです。


ところでJR水道橋駅では、「ドームへは東口、西口どちらからもご利用いただけます」とアナウンスしています。
でもドームに入場するなら、西口のほうが断然近いです。
ちなみに千鳥は西口から徒歩2分。お帰りに是非どうぞ。。。



2月の店休日
5日(金) 12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-01-30 17:14
弥生美術館で開催中の「生誕130年記念 鰭崎英朋展」を観てきました。

鰭崎英朋(ひれざきえいほう)も昨日ご紹介した雪岱と同じく、泉鏡花の本の挿絵を手掛けています。
現在の知名度の差からすると信じられませんが、当時は鏑木清方と人気を二分したそうです。

気品という点では清方、可憐さでは雪岱ですが、英朋の絵には妖艶さがあるように思います。
国定教科書の挿絵までもがエロい。
よーく見ているうち、どの女性の目玉も斜視気味に描かれていることに気が付きました。
この、どこかぼんやりしているような視線がまた、何とも言えない色気を醸し出しているようです。

清方とのコラボ作品も展示されていていましたが、一時はライバルとしてしのぎを削った二人のその後の人生や、
現在の評価のされ方の違いを思うと、切ないものがあります。
日本画家として大成した清方とは対照的に、あくまで挿絵画家としてその生涯を終えた英朋ですが、
もっと再評価されていい人のように私は思いました。

しかしですね、ほんのりと場末感ただよう(褒め言葉です!)弥生美術館と、
どこかエログロナンセンス風味の英朋作品は抜群の組み合わせで、
タイムスリップしたような不思議な感覚にとらわれました。
今はやりの谷根千エリアからも近いので、ぜひお出かけになることをお勧めします。

b0142663_13584299.jpg
【八木橋昇 粉引朝顔楕円小鉢 ¥2100 径12.5cm×高さ4.5cm】

使いやすいと評判の、八木橋さんの朝顔小鉢です。
今回は、ほんのわずかに楕円になっています。
和え物などのおかずがぴったりですが、アイスクリームなどのデザートにも良いと思います。



1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)

2月の店休日
5日(金) 12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-01-29 18:09
埼玉県立近代美術館で開催中の「小村雪岱とその時代」を観てきました。

小村雪岱(こむらせったい) の作品を見るのは、今回がはじめてです。
と言いますか、これまでその存在すらも知りませんでした。
大正から昭和初期にかけて活躍した画家で、特に挿絵画家、装幀家として人気が高かったようです。
「日本橋」をはじめ、泉鏡花の本を多数手がけています。(「雪岱」という名は、鏡花がつけたそうです)
鏡花本の挿絵といえば鏑木清方が有名ですが、雪岱のほうがよりモダンで、現代の感覚に近い気がしました。

また、設立されたばかりの資生堂意匠部にも在籍し、香水の瓶などのデザインも手掛けています。
要するに、当時の最先端デザイナーだったのですね。
ほかに舞台美術にも才能を発揮していて、現在でも繰り返し上演されている、
「一本刀土俵入」の原型を作ったのが彼だと知って驚きました。

おそらく雪岱のことを知る人は少ないと思いますが、芸術新潮2月号でも大きく特集が組まれていますし、
昨日の朝日新聞夕刊でも作品がとりあげられていました。
今回の展覧会を機に、これから評価が高まるのではないでしょうか。

場所が北浦和なので、東京からはちょっと遠いですが、観に行く価値は大いにあると思います。
大変に見ごたえのある内容で、私は大満足でした。
そして駅前の「ボンドール」は、パン食べ放題つきのランチがほんのりB級風味で、ほっとするおいしさの店でした。
お帰りに是非どうぞ。

b0142663_16373294.jpg
【志村睦彦 三島福字豆皿 ¥1470 径7cm×高さ2cm】

よく見ると真ん中に「福」の字が。。。
いいことありそな豆皿です。



1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)

2月の店休日
5日(金) 12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-01-28 17:45
来年の大河ドラマの主役は上野樹里さんに決まったそうで。
ほう、そうきましたか、なるほど。
だったら姉の茶々役には、ドSの沢尻エリカ様を私は推したいと思いますが、いかがなもんでしょう。
ぴったりだと思うんですけどねえ、でも無理でしょうねぇ。。。

b0142663_1332643.jpg
【志村睦彦 三島菊文ぐるぐる小皿 ¥2520 径10cm×高さ3.5cm】

内側のぐるぐるもいいですが、何よりフォルムがいいのです。
程よく丸みを帯びていて、愛らしいです。


※明日27日(水)はおやすみをいただきます


1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-26 18:08
現在発売中の雑誌「nid vol.14」で、宮岡さんと志村さんのご自宅の台所が紹介されています。
どうせ小さな記事だろうと油断していたら、ドドドーンと載ってしまい、焦ったそうです。
汚くて恥ずかしいとおっしゃっていましたが、全然そんなことはなく、素敵な台所です。
ぜひご覧ください。

b0142663_12543913.jpg
【宮岡麻衣子 芦籠文角小皿 ¥2520 タテ9.5cm×ヨコ9.5cm×高さ2cm】

こちらは残り少ないので、ご来店前にお電話で在庫をご確認されることをおすすめします。
お取り置きは一週間までとなっております。


1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-25 18:34
八木橋さんの器が入荷しています。
b0142663_12364828.jpg
【八木橋昇 粉引楕円7寸皿 ¥3675 タテ20.5cm×ヨコ22.5cm×高さ2.5cm】

底がまっ平らなオーバル皿です。和食器ではあまり見かけない形。
アジの開きがピッタリおさまりそうです。とんかつも似合うと思います。



1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-24 17:55
昨日公開の映画「オーシャンズ」を観てきました。

詩的な映像も多く、ネイチャードキュメンタリーとしてはおしゃれな映画でした。迫力もありました。
ただ、この手の映画やTV番組ではおなじみの生物、おなじみのシーンがほとんどでしたので、
「ダーウィンが来た!」などを普段から観ている人には、目新しさはないかもしれません。
捕食シーンはグロさ控えめでしたので、その点ではどなたも安心して見られる映画かと。

b0142663_1731928.jpg
【中村知子 飴釉ボウル(小) ¥2100 径11cm×高さ4cm】
【中村知子 飴釉ボウル(中) ¥2940 径15.5cm×高さ5.5cm】
【中村知子 飴釉ボウル(大) ¥5775 径19cm×高さ7cm】

中村知子さんの飴釉ボウルが再入荷しています。
写真は、(中)サイズです。


1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-23 17:53
久しぶりに皇居を走ってきました。
本当は春までサボろうと思っていたのですが、隣の印刷会社の社長が走れ走れ言うものですから。
「寒いなんて言い訳なんない!体なまっちゃうよー!」って、毎日プレッシャーをかけるのです。

しかし私、ジャージをもってないんですね。
仕方ないので、長袖Tシャツと短パンを着て、首にタオルを巻き、作業用軍手をはめて走りました。
が、やっぱりスネが寒かったです。
皇居を一周する間、短パン姿の人には、一人も出会いませんでした。

ところで驚いたのは、スパッツ率。
男性ランナーの1/3は、スパッツ姿で走っていたと思います。
スパッツで人前に出てもいいのは、イチローか江頭2:50くらいのもんだと私は思っていたのですが、
いやいや、世の中はとんでもないことになっていたようです。。。

b0142663_14211813.jpg
【宮岡麻衣子 重ね菊文箸置き ¥1260 ヨコ3cm×タテ5.3cm×高さ1cm】

三色に掛け分けられた重ね菊。洒落てます。
なんとも宮岡さんらしい箸置きです。


1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-22 18:07
映画「アバター」を観てきました。

二回目です。
実は前回3Dで観たときに、画面の暗さとメガネの重さに少々違和感を感じておりまして。
後から調べてみると、3D上映にも四つの方式があるそうで、私が観た映画館は、
その中でも最もよろしくないタイプの方式だったということが判明。

そもそもアバターは、IMAX3D方式での上映を前提に作られたそうです。
しかしIMAXシアターは全国で4箇所しかなく、なんと東京にはないっ!
というわけで、川崎まで行ってきました。

で、感想ですが・・・
もう全く別物でした。最初に見た3Dは一体なんだったんだー!というくらいに差がある。メガネも軽い。
キャメロン監督、本当はこんなに美しい映像を作っていたんですね。。。

ところで3Dですが、「飛び出てくる」のを期待していくと肩透かしをくらいます。
逆に「奥行き感」はすごいので、高いところのシーンなんかは超リアル。股がスースーします。
みなさん、アバター見るならIMAXですぞ。私はもう一回くらい観に行きたいなあと思っとります。

b0142663_13302697.jpg
【志村睦彦 三島汲み出し ¥2940 径10cm×高さ5cm】

志村さんから器が届いています。
外側は刷毛目、内側はぎっしり象嵌。非常に手間をかけて作られた汲み出しです。
すでに骨董のようですが、使い込んでさらにいい味を出してください。



1月の店休日
1日(金)~4日(月) 13日(水) 19日(火) 27日(水)
by chidori-blog | 2010-01-21 17:57