<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧
今野さんにお願いしていた刷毛目の浅鉢が届きました。
いい......すごくいい。
しかも発注してから一カ月足らずの納品。
早い......すごく早い。

今野さん、納期の最長と最短、両方の記録ホルダーとなりました。
「ならしてとんとん。これでもう文句なかろう」ということか。。。

b0142663_12134260.jpg
【今野安健 刷毛目七寸浅鉢 ¥4200 径21.5cm×高さ5cm】

刷毛目の模様は、一枚ずつ大きく異なります。
あさって更新のオンラインショップでも販売いたしますが、その点、何卒ご了承下さいませ。

※オンラインショップは、2日(火)22:00に更新予定です。商品ページは21:45よりご覧いただけます。
※明日、1日(月)は店休日です

3月の店休日
1日(月) 5日(金) 12日(金) 23日(火) 29日(月)
by chidori-blog | 2010-02-28 16:02

準備も着々と進んでいるようで、「いい感じに焼けてますよー」とのこと。楽しみです。
今年、東京で見られる余宮さんの個展は、これ一本だけだそうです。
どちらさまもお見逃しなく!


さて、今回のDMです。
b0142663_19105786.jpg


         築百四十年の大きな古民家が、彼の作業場。屋号は耕雲亭。
         頑丈に組まれた石垣の上に建ち、鬱蒼と生い茂る木々が周りを囲む。
         天草は、山も海も美しいところ。
         たわわの梅をもいで果実酒を仕込み、大潮の夕まずめには烏賊釣りへ。
         真っ暗闇の帰り道、猪に追いかけられたこともあるそうな。
         そんな暮らしの中から生まれた器たち。御覧いただければ幸いです。


         余宮隆 展
         2010.3.13(土)~3.22(祝)
         11:00~19:00 会期中無休
         作家在廊日 13日(土)





2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)

3月の店休日
1日(月) 5日(金) 12日(金) 23日(火) 29日(月)
by chidori-blog | 2010-02-27 18:10
昨日のフィギュアスケート、浅田選手が完璧な演技をして場内が騒然となる中、
キムヨナ選手が一瞬、ニヤリと笑ったのが印象的でした。
「メンタルが強い」というよりはむしろ、「心臓に毛」というタイプではないでしょうか。

曲は007。セクシーなポーズで誘っておきながら、最後はピストルでバキュン。
そもそもボンドガールには、殺しのライセンスはありません。殺人は犯罪です。
健全な五輪の場にはふさわしくないようにも思いますが、可愛いので全て許します。

ロシアマフィアの女ボスみたいな、真央ちゃんのコーチからも目が離せません。
あの毛皮のコートの下には、カラシニコフの一丁くらい、隠し持っているはず。
その気になれば、こしゃくなボンドガールの一人や二人、蜂の巣にするくらいわけないことです。

でもこの頼もしさは、真央ちゃんにとっても心強いのではないでしょうか。
明日のフリーの演技、二人とも実力を出し切ってほしいです。

b0142663_16105637.jpg
【増田勉 三島筒型湯呑 ¥2310 径5cm×高さ8.5cm】

先日、知人が湯呑を買いに来てくれました。
私は「黙ってこれを買え」とすすめたのですが、どうもピンとこない様子。
「こんなにカッコよく焼けた三島手の湯呑なんて、そうそう出ないぞ?しかもこの値段だぞ?」
と念を押したのですが、やはり買いませんでした。
このわからんちんが。まったくもったいないことしやがって。。。

薪窯焼成の湯呑です。買わなきゃ損とはこのことです。

※明日、26日(金)は店休日です



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)

3月の店休日
1日(月) 5日(金) 12日(金) 23日(火) 29日(月)
by chidori-blog | 2010-02-25 19:04
東京国立博物館で昨日から開催されている、「没後400年 特別展 長谷川等伯」を観てきました。

今年が没後400年というのは、先日ご紹介したカラバッジョと全く同じ。
今更ながら、二人が同時代の画家だったということに気がつきました。

今回の個展は「空前絶後」と謳われるだけあって、等伯のほぼ全作品を網羅した、大変に大きな展覧会です。
精密に描かれた仏画から、いかにも秀吉好みのド派手な障壁画まで、等伯の幅広い仕事を観ることができました。
しかし一番のみどころは、国宝の「松林図屏風」をはじめとした、水墨画の数々ではないでしょうか。

中でも、勝手に大徳寺に上がり込み、勝手に襖に描いてしまったという山水図は見事。
制止を振り切って一気呵成に描かれたそれは、唐紙の桐紋を降りしきる牡丹雪に見立てており、
目の肥えた京の人達を唸らせるのに、十分なアイデアと技術だったのではないでしょうか。
また、狩野永徳の一門が大きな仕事を独占していた当時、
そのような暴挙を犯してでもチャンスを掴もうとした等伯のガッツに、胸が打たれます。

能登から筆一本で上洛したとき、等伯はすでに30代だったそうです。
自らを信じ、力強く運命を切り開いていったその晩年、
静寂な霧の立ち込める幽玄な「松林図屏風」を描いた心境は、どのようなものだったのでしょう。
戦国時代を、熱く、したたかに生き抜いた天才絵師の、一生を振り返り見るような、そんな展覧会でした。

b0142663_12103222.jpg
【増田勉 粉引四角深皿 ¥1680 径13.5cm×高さ4cm】

等伯の名がようやく表舞台で出てくるのは、なんと51歳のとき。大器晩成もいいところです。
実は増田さんが作家として独立したのも、今から5年前、50歳のとき。
陶芸には20代のころから触れていたそうなので、キャリアは十分に長いのですけれども、
ご本人は自分のことを「オールドルーキー」と言って笑います。

しかし円熟味のなかに、どこか若々しさをも感じる増田作品には、
たしかに「オールドルーキー」という響きが、しっくりくるような気がするのです。



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)

3月の店休日
1日(月) 5日(金) 12日(金) 23日(火) 29日(月)
by chidori-blog | 2010-02-24 17:34
今日、今野安健さんから連絡がありまして、「注文分が焼きあがりました」とのこと。
私、耳を疑いました。
前回は一年以上待たされたのに、今回は発注からひと月足らずで納品だなんて。
もしかして、冗談のつもりで言った嫌味が効いたのでしょうか。。。
言ってみるもんです。

というわけで、次回更新のオンラインショップでは、今野さんの作品もご紹介したいと思います。
つきましては、予定していた25日の更新を、3/2(火)に延期させていただきたく。
大変申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいませ。


さて、オオタガラススタジオさんから作品が届いています。
b0142663_1916218.jpg
【オオタガラススタジオ フラワーベース ¥5250 胴径5.5cm×高さ11cm】

こちらは新作の花器。古い薬瓶のような形です。
厚みもあって丈夫な作りですが、細かい気泡が入っている為か、軽やかな印象です。
素朴な春の草花が似合いそうです。

毎回人気の、ヨーグルトカップ、ピッチャーも入荷しています。


2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)

3月の店休日
1日(月) 5日(金) 12日(金) 23日(火) 29日(月)
by chidori-blog | 2010-02-23 19:40
昨日、数年ぶりに読売新聞を読んだのですが、「人生案内」ってまだ続いていたんですねえ。
「イヤらしい熟年夫に失望」という見出しにつられ、つい読んでしまいました。
 
  60代主婦。先日、ショックなことがありました。夫が、初めてキャバクラに行ったらしく・・・
  イヤらしいことにも興味をもつようになりました・・・本当にがっかり・・・
  男の人はみなそうだとは思いたくはありません・・・  (東京・W子)

「人生案内」って、こんなに生ぬるいものでしたっけ。
昔はもっとこう、行間から血の涙が滲み出てくるような、切実な悩みが寄せられていたように思います。
キャバクラなんて、ほほえましいもんじゃありませんか。

ところが。
精神科医の野村先生の回答を読んで、私は心底驚きました。
「イヤらしい熟年夫」について、この先生は、「意志薄弱さに同情すべきかも」などと大袈裟なことを言い出し、
しまいには、「初老期に起こる認知症の初期症状の可能性もあります」と脅すのであります。んなバカな。

W子さん、これは相談した相手がまずかった。
かえって悩み事が増えたのではないかと、人ごとながら心配です。。。

b0142663_19592985.jpg
【増田勉 粉引六角小鉢 ¥1260 径9cm×高さ4.5cm】

この不思議な形、最初見たときには驚きましたが、数日経つと、すごく可愛く思えてきました。
甘い煮豆が似合いそうです。



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-02-22 20:48
映画「シャネル&ストラヴィンスキー」を観てきました。

ココ・シャネルと、ロシア人作曲家・ストラヴィンスキーの不倫を描いた映画です。
舞台は1920年。シャネルはすでにデザイナーとして成功しており、
孤児院で育ったことや、キャバレーで歌手をしていた過去については、この映画では一切触れていません。
また、不倫といっても男前のシャネルのことですから、カラッとドライ。
これといった修羅場もない、ビターな大人味映画でした。

1920年というと、パリではアールデコが流行していた頃。
映画に登場するインテリアや小物類は期待以上に素晴らしく、人物よりも、ついこちらのほうに目がいってしまいます。
長身でまったく胸がない、主演のアナ・ムグラリスの体型も、アールデコっぽい。
でもこの人、もんのすごい美人です。そして服がよく似合う。
この映画観た後は、ハリウッド女優がみんな田舎っぺに思えてきます。

美人がとびっきりいい服着て、いい家具やいい小物に囲まれているわけですから、
どのシーンも、それはパーフェクトな美しさ。タイトルバックがこれまたカッコよく出来てましてですねぇ。
皆さまも、目の保養に是非。

b0142663_20254158.jpg
【沖澤康平 mo-ruカップ ¥2520 径9.5cm×高さ7cm】

沖澤さんのmo-ruカップも再入荷しております。
次回のオンラインショップ更新は、25日(木)です。



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-02-21 18:57
昨日もお知らせしましたが、増田勉さんの器がどっさり160点も届いています。
千鳥は今、ちょっとしたマスダ祭り状態です。

どれも地味な器なので、ピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが、
まあ、柳田に騙されたと思って、いっぺん使ってみてください。本当にいいですから。

増田さんの器は、「俺が俺が」と自己主張をしません。一歩引いた、大人の余裕がある器なのです。
余裕のある大人は喧嘩しないものなので、どんな料理とも合うし、どんな器とも相性がいいのです。
それはまるで、増田さんご自身のような・・・。と言ったら、褒めすぎでしょうか。


さて、今回は少しだけですが、薪窯のものもあります。
b0142663_14281185.jpg
【増田勉 粉引面取湯呑 ¥2310 径6cm×高さ9cm】

シュッとしたラインが清々しい、粉引の湯呑です。
さすがに薪窯で焼かれただけあって、いい表情をしています。
納品にいらした増田さんの目の前で、目敏いお客様がさっそく買って行かれました。

非常に口径が小さいので、鼻の高い方は少々飲みにくいかもしれませんね。
ちなみに私は余裕でしたけどね。

こちらは入荷数が少なかったこともあって、残りわずかとなっております。



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-02-20 17:57
大変お待たせいたしました。
沖澤さんのワイングラス、ドーンとたくさん入荷しております。

ご予約をいただいていたお客様には、すでにご連絡を差し上げております。
万一、メールの届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがお知らせくださいませ。
まだまだ在庫はございますので、ご予約されていないお客様も、是非。

b0142663_18294067.jpg
【沖澤康平 ワイングラス ¥3360 径8cm×高さ11.5cm】

増田勉さんの器もドーンと入荷しております。
しばらく店頭の在庫が少なく、ご来店いただいたお客様にはご迷惑をおかけしておりましたが、
今ならシンプルで使いやすい器、いろいろございます。

次回のオンラインショップ更新は、25日(金)を予定しております。



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-02-19 18:42
今朝、電車に乗っておりましたら、どこからかナフタリンの匂いが漂ってきました。
隣に立っているご婦人ふたりのうちの、どちらかが、あやしい。

聞こえてくる会話から察すると、ドームで開催中の「らん展」に向かわれている様子。
でもせっかくきれいな花を観に行くのに、防虫剤の臭いをぷんぷんさせとるっちゅうのも、無粋な話であります。
この頃は、ムシューダとか、タンスにゴンとか、ミセスロイドとか、匂わない防虫剤もたくさんあるでしょうに。

しかし、毒々しいナフタリン臭は、どこか懐かしくもありました。
私は思わずご婦人方に半歩近づいて、クンクンと匂いを嗅いでしまいました。
幸いなことにご婦人方はおしゃべりに夢中で、鼻息の荒い、怪しい男にも気がつきません。
おしゃべりの中身はいつの間にか、蘭の話から、ひったくりの被害にあった話へと変わっておりました。

「まあ、こわい。まあ、こわい。でも転んでケガしなかっただけ、それは儲けもんよぉ。骨でも折ったら、おおごとだもの」
「でも取られっぱなしは悔しいじゃないのよ。だからね、バッグはこうしてこうやってこんな風にして持つようにしてんの」
バッグのストラップを、まるで手品師のような早業でくるくると肘に絡めてみせたところで、
「あら、もう水道橋着いたわ」と言って、ご婦人方は降りていかれました。

確かにこれならひったくるのは無理そうですが、ファスナーが全開だったのが、私には少々気になりました。
くれぐれもスリには気をつけて下さいね。
今日はいいもの嗅がせてもらってありがとうございます。

b0142663_15323075.jpg
【志村睦彦 粉引鎬徳利 ¥12600 径9cm×高さ13cm】

※明日、18日(木)は店休日です



2月の店休日
12日(金) 18日(木) 26日(金)
by chidori-blog | 2010-02-17 18:01