なければないで済むけれど、あるとなんだかうれしい。
水差しって、そういう器だと思います。
こういうのを、贅沢品と呼ぶのかもしれませんね。
b0142663_15554384.jpg
【余宮隆 粉引水差し ¥7350】sold out
たとえばカレーライスを食べるとき、こんな水差しがテーブルにあるとうれしい。
氷をガラガラとたっぷり入れて。



7月のお休み
18日(金) 19日(土) 24日(木) 27日(日)
# by chidori-blog | 2008-07-15 18:08
川口さんの器は、どれもとても丁寧な作り。
しかしながら、軽やかでラフな雰囲気に仕上がっています。
これは普段使いの器にとって、大事なポイントかもしれません。
b0142663_1343505.jpg
【川口江里 灰志野菊小鉢 ¥2625】sold out
茶渋で貫入を染め、口辺には銀彩を施してあります。
長く使い込めば、さらにいい表情に変化しそうです。

本日、「薬膳のチカラ」更新しました。
明日、14日(月)はお休みです。
このブログもお休みです。また明後日。


7月のお休み
14日(月) 18日(金) 19日(土) 24日(木) 27日(日)
# by chidori-blog | 2008-07-13 13:05
今朝の東京は、すっかり夏の日差し。
染付が一番似合う季節となりました。
b0142663_13324090.jpg
【宮岡麻衣子 帆船に松文小皿 ¥2415】
焼き海苔の醤油を入れてはどうでしょう。
きっと旅館の朝飯みたいで素敵です。



7月のお休み
14日(月) 18日(金) 19日(土) 24日(木) 27日(日)
# by chidori-blog | 2008-07-12 13:32
ひと息に、迷うことなく描かれた刷毛目に惹かれる。
余宮さんは、きっと潔い人なんだろうと思う。
b0142663_14483520.jpg
【余宮隆 刷毛目飯碗 ¥2100】sold out
この刷毛目は特に好き。
好きでじっと見ていたら、この飯碗に盛りたい料理が思い浮かびました。
良かったらコチラもご覧ください。



7月のお休み
14日(月) 18日(金) 19日(土) 24日(木) 27日(日)
# by chidori-blog | 2008-07-11 16:31
花というものに、まったくと言っていいほど縁のない人生でした。
自分の為に買うようなことはもちろんありませんでしたし、
人から頂戴するような晴れがましい場面もなかったもので。

それが千鳥のオープン以来、週に一度は花屋へ寄るようになりました。
ほんのちょっとの花でも、あるとないとでは店内の雰囲気が全然違うものですから。
この頃は、花屋のスタンプカードがたまっていくのが、何よりの楽しみだったりします。

でも初めて行く花屋さんでは、初心者と思われるとシャクなので、
「あ、このあたりで切ってね」などと、いかにも「花を買うのに馴れた人」を装います。
何の得にもならない芝居して、我ながらほんとバカだと思います。
東京に暮らしてもう長いですが、いまだに「舐められたらいかん」という、
田舎者の性分が顔を出すようです。
b0142663_16504922.jpg
【安土草多 花器 ¥3360】sold out
花をカッコよく生けるのは、思いのほか難しいですね。
でもこの花器は、適当にバサッと投げ入れてもサマになるから不思議です。



7月のお休み
14日(月) 18日(金) 19日(土) 24日(木) 27日(日)
# by chidori-blog | 2008-07-10 19:07